イメコン(PC診断4分割・印象診断・ファッションタイプ診断)を受けました!

イメージコンサルティング

\Amazon今年最後のビッグセール!/


ついにやってきました!イメージコンサルティングを受ける日が!!!!

 

コスメ垢を作ってからというもの、フォロワーさんのイメコン沼やPC診断レポなどを見かける機会が増え、「イメコン受けたい!PC診断受けたい!!」という願望がついに叶いました。

 

今回診断を受けたサロンは、2つのコースを予約して

 

  • PC診断(4分割・セカンドまで決める)
  • スタイル診断(SNSや雑誌でよく見る「骨格診断」とは少し異なる)
  • フェイスタイプ診断 / 印象診断(SNSや雑誌でよく見る「顔タイプ診断」とは少し異なる)
  • トータルを見て決めるファッション診断

 

と、顔から身体全体にいたるまでイメージコンサルティングを受けました。

 

Sponsored Link




イメージコンサルティングの流れ

 

イメージコンサルティング

 

今回いったサロンでは、

 

  1. 問診みたいな、簡単なアンケートを記入
  2. カラータイプの説明
  3. ドレープをかける前にアナリストさんの問診=スタイル診断
  4. 鏡の前に移動し、肌色診断
  5. カラードレープをかけていき、パーソナルカラーを決定(ここまでがPC診断)
  6. フェイスタイプ診断(印象診断)
  7. ファッションタイプ診断
  8. ベストスタイルを決定

 

という流れでした。

 

PC診断はSNSや雑誌でよく見るものと同じ意でしたが、フェイスタイプ診断やスタイル診断、ファッション診断は、いわゆる骨格診断・顔タイプ診断・パーソナルデザイン(PD)診断とは異なりました。

 

その辺りはあとで詳しく。

 

まずは、個人的に一番知りたかった、PC診断から!

 

パーソナルカラー診断(PC診断)

 

待望のPC診断、結果は……

 

1st 秋・2nd 強いて言うなら 春 という診断になりました!

 

パーソナルカラー診断イエベ秋

 

ドレープをかけられる前の問診(スタイル診断)では、肌がクリアで明るめ、全体的にソフトとシャープな印象が多かったとのことで、夏か春だと言われてました。

 

肌色診断は、オークルの一番明るい色。

 

ということで、最初にブルーの春と夏のドレープを左右に分けて当ててみました。

 

すると、圧倒的に夏の方が顔が暗く見えていました。頬下に影みたいなのができたんですよね。

また、ブルーベースだと血管の青を増長させて、青ざめて見えてしまうとのこと。

 

この時点でブルーベースの夏と冬が消え、イエローベースであることが確定しました。

これには納得。

 

特に冬はドレープをかける前のスタイル診断や肌色診断でほぼナシだったので、ブルベ冬が最も遠くなるという結果に。

 

後から参考にブルベ冬のドレープをかけてもらいましたが、ことごとく顔が死にました(笑)

 

イエベ春かイエベ秋か明暗を分けたのは

 

パーソナルカラーPC・イエベ秋

 

次に、イエベ春か秋になるか。

ライムグリーン系の春と秋のドレープをかけてもらいました。

 

すると、春のドレープは顔が明るくは見えるが「明るすぎて逆に白く見える」、秋のドレープは「目鼻立ちがよりくっきり見えて、健康的になる」と言われました。

 

自分では正直違いが分かりませんでしたが、言われてみればなるほど、という印象。

 

そこで、イエベ春のドレープをいくつか連続でかけてもらうと、なんとなく「肌が白くみえてぼんやりする」という意味が分かりました。

 

一方、秋のドレープはいずれも違和感なく、むしろ自然と顔がはっきり生き生きしているように見える。

 

一番驚いたのが、秋のドレープにブルー系やパープル系の色も入っていたのですが、イエベ秋でもその色だと暗くならず、むしろ似合っていたこと。

 

少し黄味がかった(緑より)のターコイズと、まさかのプラム!!!!(´⊙ω⊙`)

 

良い意味で裏切られました。意外と似合ってたんですよ…

 

そのほか、一般的なオータムカラー(マスタードやキャメル、オレンジなど、特に暖色系)はほとんどOKということでした。

 

PC診断は本当に面白いですね!!

 

ということで、PC診断の結果はイエベ秋でした!!!!

 

イエベ秋というとマットな印象が強いですが、アナリストさんによると、肌の質感や肌色からツヤでもマットでもいけるとのこと。ラメもOK。

 

ちなみに、今回PC診断は4分割でしたが、似合う色をベスト10ほど挙げて頂いたので、そこから16分割を当てはめると、

 

1st ウォームオータム・2nd ウォームスプリングだと思います。

 

自己診断は 秋か春(秋優勢、秋だったらウォームオータム)だと思っていたので、ほぼ当たりでした。(地味に嬉しい)

 

プロ診断を受ける前にサイトでの診断やアプリの診断もやってみましたが、アプリはことごとく外れでした。(アプリ系は全部ブルベ夏と診断される)

 

パーソナルカラー診断(アプリ)

©️https://personalcolor.visee.jp/

 

カラー診断は光源によって大きく異なるので、一定の光源下で行えない自己診断やアプリ診断では正確な診断はできないかと。

 

サイトでの自己診断は質問がかなり曖昧で、いずれも決定的なものではないので、今のところプロの方に見ていただくのが一番正確だと思います。

 

骨格スタイル診断(印象診断)

 

スタイル診断は、顔のパーツや肌の質感、骨格などをアナリストさんが見極めていく感じでした。

 

SNSや雑誌でよくみるウェーブ・ストレート・ナチュラルの3タイプに分ける「骨格診断」とは異なるそうです。(多分わたしが受けたのは印象診断?)

 

SNS上や雑誌で話題になる「骨格診断」に当てはめるとなると、「ウェーブ」になってしまうのですが、

 

骨格診断(Webサイト)

©️https://fashion.or.jp/kokkaku/

 

ららぽーとの骨格診断

©️https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/kikonas/skill/s_2/

 

顔の輪郭、顔の細かなパーツ(鼻・目・口など)、

Sponsored Link

 

  • 身体の骨格などをストレート(直線)or カーブ(曲線)
  • 質感がソフト(柔らかい・薄い)or ハード(硬い・厚い)

 

で見る診断(今回のようなスタイル診断)だと、「ストレート」タイプになりました。(ソフトもあるが、シャープが多い印象)

 

いわゆる「骨格診断」の「ストレートさん」とは違うようで、後から合う服の素材・ネックライン・柄・アクセサリーの形などを細かく教えていただきました。

 

(正直、時流に合わせて説明してくれても…と思ったのは内緒です。)

 

そこら辺の違いはまた別記事に書こうかな…長くなりそうなので。(ただしあくまでも主観)

 

骨格診断で、ウェーブだけどフェミニン以外のファッションを示してくれるサイト↓

 

骨格診断

©️https://closet.edist.jp/

 

EDIST.closet

 

フェイスタイプ診断(印象診断)

 

フェイスタイプ診断

 

これまたSNS上で言われている、子ども顔 or 大人顔、直線 or 曲線で分けてソフトエレガント・アクティブキュートなど8タイプに分類される「顔タイプ診断」とは異なるようです。

 

これも印象診断の一部だと思われます。

 

もちろん、異なるタイプ診断でも、カテゴリがいくつかが被ることはあると思います。

 

このサロンの中で行われていた分類に、他に何があったかは覚えていないのですが、下された診断は「ゴージャス」顔でした。

 

また、女性らしいフェミニンな顔立ちとも。

確かに、かっこいい系の顔ではないことは自覚していました。

 

いわゆる8タイプの「顔タイプ診断」に当てはめるなら、「エレガント」「フェミニン」に入ると思われます。

 

8タイプの顔診断が分かりやすいサイト↓

日本顔タイプ診断協会

 

ファッションタイプ診断(印象診断)

 

ファッションタイプ診断

 

ここでもいわゆるパーソナルデザイン診断(PD診断)とはカテゴリ名が少し異なっていました。

 

SNSや雑誌で見かけるPD診断は、キュート(ガーリッシュ・ボーイッシュ・アバンギャルド)やフェミニン、グレース、ファッショナブルなど8つに分類されていますが、

 

今回サロンで受けたファッション診断は、

 

「ロマンティック」「フェミニン」「エレガント」「カジュアル」「ナチュラル」「シック」「モダン」「ダンディ」「クラシック」

 

の9つに分かれていました。

 

これも印象診断のくくりなのかな?

 

タイプを確定するときは、確実に似合わないものを外して、だいたい3つぐらいに絞れたところで「自分のなりたいイメージもしくは自分らしく思うもの」をチョイスする形に。

 

なので、PD診断のように「あなたにはこれが似合う!!」っていう風に断定されたわけではないので、次は別のところでPD診断を受けてみても良いかなーって思いました。

 

先に受けたフェイスタイプ診断で「ゴージャス」「フェミニン」となったので、ダンディ・クラシック・モダン・ロマンティックはすぐ除外。

 

カジュアルは厚手の素材やハリがある素材と相性がよく、線が太い人が似合う、自分は線が細いから、そこを生かすためにカジュアルは除外。

 

エレガントはいけるが年齢的にまだ早いかも。

 

フェミニンはフェイスタイプ的にいけるが、自分のイメージ(特に内面)とは異なるため、除外。(アナリストさんはフェミニンもいける!と推してくれました)

 

シックは体型的にも顔立ち的にも似合う。大人っぽくて直線的。

ナチュラルはありだけど、普通すぎるかも。でも、自分的には好みだった。

 

ということで、シックナチュラルという結果になりました!

 

ファッションタイプ診断

 

シャープさがあるので、シックをベースにしたカジュアルもいけるそう。

スタイリングデザイン(全体的なデザイン)はシャープ(直線的)で、リボンやフリルが似合わないのは納得でした。

 

PD診断で参考にしたサイト↓

Atteindre|大阪のカラー&イメージコンサルティングサロン

 

イメコンおわりに

 

今回はPC診断とイメージコンサルティング(印象診断)という2つのコースを受けて、合わせて10,000円+税でした!

 

パーソナルカラーの説明では、季節別のカラーでイメージされている草木や花、鉱物の名前が出てきて分かりやすかったです。

 

あと、夏と秋がグレイッシュだというのは知りませんでした。(秋はスモーキーな印象あるけど、夏がグレイッシュというのは意外でした)

 

PC診断は納得のいくことが多くて、自己診断で一番ないのはブルベ夏だと思っていましたが、ブルベ冬だと言われたとき、「あぁ…だから喪服がザ・未亡人!になるんだww」と腑に落ちました。

 

喪に服している(ように見える)という点では、ある意味、最高に当てはまる組み合わせだったようです。

 

スタイル診断(骨格)や顔タイプ診断は、限定的にみると誤った判断をしやすいので、個別に診断しながらもあくまで1つの要素と捉え、全体的にみる(トータルのファッションタイプ、PD)のが良いのかなぁと思いました。

 

骨格診断で「ウェーブ」となっても、ウェーブさんに似合うとされている「フリル」や「ラウンドネック」が似合わなかったり、

逆にストレートさんに似合う「リネン」や「デニム」素材が似合わなかったり。

 

顔タイプでいうと「エレガント」だけど、シンプルで柔らかなテイストのものがバッチリ似合ったり。

 

トータルで見るとしっくりくるっていうのが大事なのかなと思います!

 

今回はSNSやネットで調べた診断基準と、受けた診断のカテゴリや分類が少し異なったので、最後はふんわりした形で終了しましたが、

 

マニッシュ・キュート・カジュアルど真ん中でなければ割となんでもいける!とポジティブに捉え、イメコン沼にハマろうかと思っています(笑)

 

海外のファッションスタイル診断で分かりやすいと思ったサイト↓

STYLEWE(海外のファッションサイト)

 

まずは思いっきり秋コスメを物色するぞ٩( ‘ω’ )و

 

以上です!

長文駄文を最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP